眠い病気

MENU

眠い病気はどういったものがあるのか

眠いという事は人間のもっている本能であります。 眠いときに寝る、動物的な本能であるのです。

 

しかし人間はいくら寝ても眠い、だから寝る、では生活になりません。これでは困りますよね。

 

仕事があり、学校があり、家事があり、遊びもあります。眠いからと言っていつでも好きなときに寝ていることが出来ないですよね。

 

一般的に人間は6時間も寝れば十分でその他の時間はアクティブに行動する事が価値があると思います。もちろん個人差はありますけど。

 

一般論ですが、眠いから寝るのは適度な睡眠時間を取っていない人に当てはまります。

 

たっぷり寝て、まだ眠い、寝よう・・・・これは寝すぎでだらけ病ともいえましょう。

 

しかし以下の症状ですといくら寝ても疲れが取れません。 だから体が睡眠を求めているとも言えるのです。

 

それは

 

  • 無呼吸症候群
  • 睡眠障害

 

会社の先輩に無呼吸症候群の人がいます。身長175センチで体重90キロ近いという巨漢です。この人は無呼吸症候群で通院しておりますが、頻繁に欠勤をしております。

 

先輩いわく『俺はたるんでるんではない。本当に体が起きないのだ』

 

つまり他人は『たるんでるからだ』と人事のようにいうだけで、実際辛いのは本人だけなんです。なので通院しているわけですね。ただ、回復にはそれなりに時間がかかるそうです。

 

個人個人違うので、的確な治療を見つけるのに時間がかかるそうです。

 

眠い病気記事一覧

近頃良く寝ているつもりだけど、寝起きが悪い、日中も眠い。何故だろう・・・。そういえば最近太ったかな?妻から子供からいびきがうるさいってよく言われる。 さらにいびきが止まる。なんて言われた事がある。上記が当てはまるなら、病院にいってみるのもいいでしょう。 睡眠時無呼吸症候群と言われる症状かも知れません。これは太った人に多いそうで、脂肪で気管が狭められて呼吸しにくくなる症状です。 そのほかに脳の中枢で...

睡眠時無呼吸症候群を改善させるには、病院へ行くことが先決ですし、本当にそれなのかを確認する意味でも大事です。うつ病かと思ったら実は睡眠時無呼吸症候群だったという人も居ますので、しっかり見極めてもらいましょう。改善策病院で診断されていると改善策は当然打診されます。一応列挙しておきますと、寝相を横向きにするもし肥満気味の人はダイエットを心がける枕を最適化マウスピースを付ける鼻の軌道を通す酒を飲み過ぎな...

睡眠障害とは字の通り、睡眠になんらかの障害があって体が十分に休めていない状態です。脳は疲れすぎると、勝手に強烈な眠気を引き起こし、意識とは無関係に眠ってしまうのです。これは体のオーバーヒート状態を解消するための防御反応なのです。そのときすぐ表れるのがノンレム睡眠で、大体90分後にレム睡眠がくるのです。 ノンレムは深い眠りで、レムは浅い眠り。交互に繰り返します。睡眠障害はいつ起きる?まず睡眠障害は眠...

十分に睡眠をとっているけど、昼間にはすごく眠くなったり、1日中寝ていたりと、暇さえあれば眠っている、これは過眠症かもしれません。私の知り合い(当時20歳くらいの若者)ですが、待ち合わせをしていて、時間になっても全く来ないので、家に行くと誰も出ない、仕方なく出直して、夕方に行くと、ようやく起きてきて、ボーっとして謝ってきました。昨日の夜からずっと寝ていたと・・・・ということは大体18時間くらい寝てい...

ナルコレプシーと言われる症状があるのです。フランス語だとnarco Lepsie。(直訳だと眠りの発作ということ)突然眠くなり寝てしまうという症状で、日常生活に支障があるのですが、これを診断するには年月がかかる、断定できないということで結局は曖昧となってしまうのです。仮に私がそういった事になった場合は診察にお金がかかるし、やはり深入りはしないかもしれません。そういった症状があるってことで、もし病院...

夜きちんと睡眠をとっているのにも関わらず、仕事中に眠くて集中が出来ない。その症状もしかすると貧血が原因で起こっているのかもしれませんよ。眠気と貧血の関係性は意外にもあまり認知されていないようで、寝不足の症状に悩んでいる人が心療内科を受診すると貧血が原因だったという話もあります。人が貧血になっている時、体内では細胞を運ぶ役割の赤血球又はヘモグロビンの量が普段の状態よりも少なくなっています。これらが不...