睡眠障害

MENU

睡眠障害とは

睡眠障害とは字の通り、睡眠になんらかの障害があって体が十分に休めていない状態です。

 

脳は疲れすぎると、勝手に強烈な眠気を引き起こし、意識とは無関係に眠ってしまうのです。これは体のオーバーヒート状態を解消するための防御反応なのです。

 

そのときすぐ表れるのがノンレム睡眠で、大体90分後にレム睡眠がくるのです。 ノンレムは深い眠りで、レムは浅い眠り。交互に繰り返します。

 

睡眠障害はいつ起きる?

 

まず睡眠障害は眠りに付く時、いわゆる入眠時における時が多いのです。

 

緊張やさまざまな悩み、心配事などで眠りにつけないなどという事が経験ありませんか?

 

そのため、入眠前にはリラックスした状態を作り上げることが肝要です。
入眠前の1時間は部屋を明るくしすぎない等、またリラックスした音楽を聴くなど、眠りに入るための状態を作ってあげることがいいですね。

 

そのほかに、

 

  • 眠っても何度もおきてしまう
  • 繰り返し起きてしまう

 

なども寝付いていないので睡眠障害といえましょう。 高齢になるとなりやすいのです。
同様に朝起きるのが早くなりすぎも睡眠障害の可能性があります。

 

さらに自分ではしっかり熟睡しているつもりでも、体がスッキリしていない、だるいなどの場合も当てはまるかもしれません。

 

病院へ行き、治療すると言っても『良い睡眠のためのアドバイス』などをしてもらい、自分で気をつけるなどとなります。

 

気になる人は病院で相談してもらいましょう。きっと何かしら発見があるかもしれません。せっかく病院へ行くのですから、ぜひ質問事項をメモし、たくさん聞いてください。

 

最近有名なすごい眠気が襲ってくる症状

 

600人に1人程度いると言われる強烈な眠気に突然襲われるナルコレプシーという症状もあります。
あわせて御覧ください。→ナルコレプシー

関連ページ

睡眠時無呼吸症候群
他人にわかるものじゃないこの症状の辛さ。一体どんな症状で、対策方法があるのかを調査。
睡眠時無呼吸症候群改善
簡単にできる方法をまずはお試しください。これで睡眠時無呼吸症候群が改善できるならこれほど簡単な方法はありません。
過眠症
過眠症という症状も常に眠い状態を作り出しておりますが、これもちょっとした工夫で多少でも良くなるのです。簡単ですが、継続して、徐々に活動的になっていきましょう。
ナルコレプシー
いつでもどこでも突然襲う強烈な眠気・・・ナルコレプシーをご存知ですか?対策ってあるのでしょうか
貧血が原因で眠くなる理由は
貧血気味の人が眠いことが多い以外な理由とは