睡眠時無呼吸症候群改善

睡眠時無呼吸症候群改善

睡眠時無呼吸症候群を改善させるには、病院へ行くことが先決ですし、本当にそれなのかを確認する意味でも大事です。

 

うつ病かと思ったら実は睡眠時無呼吸症候群だったという人も居ますので、しっかり見極めてもらいましょう。

 

改善策

 

病院で診断されていると改善策は当然打診されます。
一応列挙しておきますと、

 

  • 寝相を横向きにする
  • もし肥満気味の人はダイエットを心がける
  • 枕を最適化
  • マウスピースを付ける
  • 鼻の軌道を通す
  • 酒を飲み過ぎない

 

寝相ですが、うつ伏せは肺に付加価が駆るため呼吸がしにくいですし、仰向けですと舌が呼吸軌道を塞ぐようになり無呼吸症候群になりやすいです。ですから横向きで寝てみてはどうでしょうか?

 

肥満気味ですと、軌道に脂肪の付加がかかり、睡眠時に軌道を圧迫して無呼吸症候群になりやすいです。

 

鼻をしっかり通すことで鼻呼吸がラクになります。

 

お酒を飲み過ぎると、筋肉が緩み軌道が圧迫されます。お酒を飲んで寝るといびきがすごく大きくなるのはそのためです。

 

枕においても、マウスピースにおいても軌道をスムーズにさせるために用います。

 

マウスピースではこういった物も売られております。

 

★このやすさでいびきが軽減?マウスピース★

 

歯ぎしりやいびきを和らげるので無呼吸症候群にも期待できそうです。

 

また、枕も面白そうです。

 

仰向けでも横向きでも快眠を楽しめる枕です。

 

★パットナムの睡眠時無呼吸症候群対応快眠まくら★

 

英国王室メンバー愛用のパットナム社より発売のCPAP対応枕です。※CPAPは睡眠時無呼吸症候群

 

こういった事をまず試してみましょう。それで身近な人に感想を聞いて見るのもいいでしょう。

page top