眠くて食欲がないときは

眠くて食欲がない時は

朝は果物

みなさんは朝は早起きをしてきちんと朝ごはんを食べていますか?

 

冬場などは特に寒くて朝布団からでるのもきついし、まだまだ眠りたいという気持ちの方が勝ってしまいますよね。

 

しかも起きたばかりは食欲がなかなかわいてきません。私も時間がないときや、食欲がない時には食べていません。
そのためお昼ご飯までが凄くお腹が空きます。これではいけないと思い私が朝ご飯を食べれるように考えた対策があります。

 

とっても簡単な朝ごはんを食べる方法

 

それは、夜ご飯をなるべく少なく食べるようにすることです。簡単ですよね。

 

そうすることによってお腹がすいたまま朝をむかえますので、朝ご飯を食べることができるようになったのです。

 

次にした対策は朝はがっつり食べるのはきついので、フルーツやスープ、コーンフレークや、ヨーグルトなど自分が食べやすいような朝ご飯を選びました。

 

これなら胃にも優しいし、食べやすいのです。朝ご飯をきっちり食べることによって脳も働くし、お昼までの体力ももつようになったので、工夫をして食べるようにしたらいいです。

 


朝に食欲がでない理由とは

夕食の時間が遅い場合、寝る直前に食べるなんて人もいますね。

 

お腹いっぱい食べて、すぐに就寝するとどうでしょう。基礎代謝として胃腸は食べ物の消化を無意識に行っており、寝ても実は胃腸は動いているのです。

 

しかし寝ているときは血流も落ちますので、消化も起きているより悪くなるのです。だから夕食が遅い人ほど、朝食欲がないはずです。

 

無理して食べる必要はないのですが、吸収の良い食べ物を摂っておきましょう。

 

夕食は早く済んで、就寝前にはお腹が減っている

 

これは良い状態ですね。胃が空っぽの状態で睡眠に入れます。

 

寝れれば良いのですが、空腹に耐えられずイライラしてしまっては本末転倒です。何か消化に良いものを多少でも食べて眠ったほうが場合によっては良いので、あくまでも少し食べて寝てください。

 

page top