夜勤、交替勤務ですらスッキリ起きる方法

夜勤、交替勤務ですらスッキリ起きる方法

すっきり起きる

本来人間は暗くなったら睡眠、明るくなってから起きるという習慣でした。当たり前ですが動物ですから、そのサイクルは昔も今も変わるはずがありません。

 

しかし、そのサイクルに逆行しているのが人間です。仕方ないことなのですが、本来は逆行しているという認識は持っていると思います。眠くて当然です。

 

夜間に仕事をすることは今はごく普通にあちこちで行われていますし、工場をフル稼働、お店をフル開店させるために、夜間に人員を確保する必要だって当然あります。時代の流れですね。
一昔前は24時間営業なんて珍しかったですし。

 

なので夜勤や交替勤務で、朝に眠りについて、夜中に起きて仕事に行くということは動物として不自然なことをしているから、

 

目覚めも悪くて当然ですし、仕事中眠いのは当たり前なんです。

 

だったら本来あるサイクルを強制的に作り出してしまえばいいのです。

 

どういうことは?!!夜勤や交替勤務の人は朝家に帰ってきて眠りますが、その際、

 

雨戸を閉めてカーテンを引き、耳栓をして寝てください。強制的に夜を演出します。さらにアイマスクで真っ暗を確保してください。

 

耳栓重要です。音が聞こえると眠りを阻害します。無音を作り出すために耳栓、大事です。

 

これで深夜状態を確保したのでぐっすり眠れます。

 

で、ここで大事なのが朝の演出。

 

夜中起きる夜勤、交替勤務の方々は、明るさを感じて起きることができません。勝手に部屋の電気がつくことは普通ありませんし、

 

蛍光灯の明かり程度では、すっきりした目覚めなど望めません。

 

太陽の光は10000ルクス程度です。陽の光で人は覚醒しますが、
夜中起きるのに、そんなのは無理な話です。

 

参考までに蛍光灯はせいぜい700ルクス程度。朝日に遠く及びません。夜中起床時間に、10000ルクスを演出しないとスッキリ起きれません。

 

そこですごい商品がこれ→目覚まし時計の大本命!光でスッキリ起きて、夜はグッスリ快眠の時代へ!9月10日発売開始の為、...

 

なんと13000ルクスという強烈な光を発し、本来人が起きるための太陽を演出します。

 

これで夜勤だろうが日勤だろうが、差がなくなりました。

 

多少値が高いですが、一度買ってしまえば一生モノ。10万時間持つLED搭載ですから。

 

これで辛い就業時間や起床を改善できるなら、使う価値は十二分にあると思われます。

 

仕事が眠くて辛い、起きるのが辛い、なんとかしたいなら買ってみるのも得策ですね。

 


page top